イソフラボンで女子力アップ|女性ホルモンを助けるミラクル成分

女性

海藻でダイエット

海藻

ダイエットをする人にとってメリットが大きいのががごめ昆布などのネバネバとした海藻です。低カロリーであることに加えて、ネバネバ成分であるフコイダンに食物繊維としての健康効果があるからです。さらに免疫力の増強やアレルギー反応の抑制といった独特の効果があるのも人気の理由です。

View Detail

セロトニンの分泌を促す

女性

更年期障害の治療には、サプリメントと漢方の併用がおススメです。サプリは、セロトニンの分泌を促すトリプトファンやDHA・EPAを含むもの、またエストロゲンの分泌を促す大豆イソフラボンやローヤルゼリー、プエラリアを含むものが良いでしょう。またそれと併せて漢方治療を行うことで、免疫力向上も期待できます。

View Detail

血圧対策の現在

サプリメント

高血圧は比較的若い世代から生じる異常の一つであり、今後はサプリメントなどを利用した早めの対策が一般的になると予想されます。高血圧対策のサプリメントには、血液の流れを良くする成分などが主に配合されているのが特徴です。

View Detail

エストロゲンをサポート

女の人

女性に人気

大豆イソフラボンのサプリメントは、骨粗しょう症予防、動脈硬化の予防、更年期障害の緩和、生理不順の改善、美肌、アンチエイジングなど沢山の効果があるので人気です。大豆イソフラボンというのは、大豆胚芽から抽出される成分フラボノイドの一種です。納豆や味噌や豆腐などの一般的に販売されている大豆加工食品にも、大豆イソフラボンが配合されています。女性ホルモンの一種「エストロゲン」と似たような働きをするので、女性が飲むとホルモンの量を増やすことができます。化学構造がとてもよく似ていることから「植物性エストロゲン」ともいわれています。さらに、保湿力の向上、コラーゲン生成の促進などの効果もあり、特に女性に人気のあるサプリメントです。

大豆イソフラボンは1日の理想の摂取量というのがあります。沢山イソフラボンを摂取したからそれだけ効果が大きくなるわけではなく、余分な分は体外に排出されます。大豆食品から摂る場合は、1日に50mgが上限の目安です。それ以上摂取しても体外に排出されて無駄になります。50mgというのは、豆腐で半丁〜一丁分、納豆で一パック分くらいです。サプリメントで摂取する場合も同じですが、普段納豆や豆腐などの大豆食品をよく食べている場合は、食品から摂取している量とのバランスを見ながら、調整して飲むのがおすすめです。いずれにしても飲みすぎはよくないので、サプリメントで決められた1日の摂取量の目安以上は飲まないことが大事です。